読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が自由を証明しようと思う

ブログ『僕が自由を証明しようと思う』運営。 仕事漬けの20代を過ごし、得た経験・価値観・楽しさを中心に書きます。 雑記系(仕事論/マーケティング/時事ネタ/心理学/チャラいネタ)です。 ご連絡・問い合わせはFacebook、Twitterから。またはメール(w.sato0417@gmail.com)までお願いいたします。

【神セール】Kindleが50%OFFの大規模セールを実施中、最高のビジネス書が対象に!

■本

【スポンサーリンク】

f:id:w-sato0417:20160921130808p:plain

Kindleがまたもや大規模セールを行っていました。今日知った…。

今回は、対象がなんと6,534冊もあります。しかもラインナップがかなり良いビジネス書が盛り込まれていました。もう爆買いしちゃいました。

このセールで、ぼくが購入した本と、すでに持っている中でおすすめしたい本をご紹介したいと思います!

いやぁ~、今回はビジネスやってる方はチェックしておいた方がいいですよ。それくらい豪華です。

 

 

大規模セールで購入した本を一挙紹介!

1.「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>」

定価2,160円→なんと411円!!(81%OFF)

これからずっと「食えるだけの仕事」でいいですか?
全世代必読、「働き方」の決定版。
否応なくグローバル化されるビジネス環境において、誰と、どこで、どうやって働きたいか。
これからはそれを主体的に選ぶことが可能な時代である。
人口、テクノロジー、エネルギー、都市化など、あらゆる角度から近未来の働き方を予測し、
複数の選択肢を提示した話題の書。

いきなり来ました81%OFFですよ。これめちゃくちゃ名著に数えられている一冊です。

実は、ぼくこの本は紙で持っているんですよね。なんだけど、ブログ「いわタワー」で新卒フリーランス宣言をして、いまや有名人と化したおしゃれブロガーのいわたくんに、この本をあげる約束をしていましてですね…。ぜひ彼には読んでほしいから。

そんな中で、こんな神がかった割引きが来ました!ぼくも電子書籍として一冊持っておきたいと思ったので、購入しちゃいました。それくらい良い本です。

 

 

2.「TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則」

定価1,944円→なんと972円!!(50%OFF)

TEDの素晴らしいプレゼンをカーマイン・ガロが分析。TEDの人気プレゼンターに学べる9つの法則を解き明かす!
30万部のベストセラー『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』と同様に、共感を呼んだTEDプレゼンを分析。TEDのようなすごいプレゼンができるようになるための法則を解説する。

プレゼンと言えばTEDでしょ。それくらい圧倒的に聴衆を惹きつけるプレゼンの秘密はどこにあるのか。やっぱりビジネスマンであれば読んでおきたい一冊ではないでしょうか。

すばらしいカリスマ性を誇るTEDのスピーカーと、数々のプレゼンを徹底的に振り返られる一冊が、この値段で買えるのは超安いと思いますね。

 

 

3.「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」

定価1,944円→なんと972円!!(50%OFF)

■スティーブ・ジョブズのプレゼンの魅力を解き明かす!
アップルCEOのスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションは、なぜあれほど人々を魅了し、熱狂させるのか―。
本書は、iPhone発表時などスティーブ・ジョブズの伝説のプレゼンを紹介しながら、その秘密を詳しく解説していきます。専門用語を使わない、ツイッターのように短い一文で製品やサービスを表わす、ポイントを3つにする、ヒーローと敵役を登場させる、ひたすら練習を積むなど、スティーブ・ジョブズのプレゼンの法則を解き明かします。すばらしいプレゼンができるようになります! 

この一冊もセール対象ですか…。すごいなぁ。

言わずと知れた、前アップルCEOのスティーブ・ジョブズ。そのジョブズ氏と言えば、スタンフォード大学卒業式辞で行ったスピーチがもっとも有名ですよね。ぼくは、このスピーチの締めくくりで話された「stay hungry, stay foolish」という言葉が大好きです。

直訳すると「渇望せよ、そして愚かであれ。」という意味になりますが、これが当時のぼくにはすごく刺さって、「いい子ぶる必要なんてない」って思えたんですね。このスピーチを見てからは、ずっとLINEプロフィールの一言は「愚かであれ」と書いているくらいです。(どうでもいい…

それくらいジョブズのスピーチはビジネスマンの心を鷲掴みにするでしょう。

 

 

4.「諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない」

定価1,620円→なんと540円!!(67%OFF)

耐える人生か。選ぶ人生か。
前向きに「諦める」ことから、自分らしい人生が開けてくる。
諦めることは、逃げることにあらず。
与えられた現実を直視し、限られた人生を思い切り生きるために、よりよい選択を重ねていくことこそが「諦める」ことの本質である。
オリンピックに3度出場したトップアスリート・為末大が、競技生活を通して辿り着いた境地。 

この本、今まで手を出してなかったんですけど、ずっと読みたかったんですよね。

為末さんの考え方って、ぼくとは真逆というか、アスリート出身らしからぬアウトプットが多いですよね。

よく、cakesで連載されている記事とかを読ませていただいていますが、いつもぼくにはない哲学を述べられているので、すごく勉強になっています。

 

 

5.「起業1年目の教科書」

定価1,512円→なんと756円!!(50%OFF)

成功している人は大きな目標に到達するための細かな階段を作っています。
最初の一歩目はとても小さいのです。段差がほとんどありません。
大きく投資しなくても、スキルがなくても人脈がなくても、一回で成功しなくても、今できる小さな一歩を気軽に登ります。そして、無理せず一歩ずつ登って行き、 最後には目標を達成するわけです。
これは慣れれば誰でもできることです。
画期的なアイデア、夢・ビジョン、ビジネスモデル、お金、すべてなくても大丈夫!
本書を読めば、不安や恐怖が消える。 

この本めちゃくちゃ評判いいんですよね。

なので読んでみたい!と思って、セールのタイミングでポチっとしました。

起業に興味ある人や、起業家さん、向上心の高い人は、この機会にぜひ読んでみてはどうでしょうか。

 

 

6.「スターバックス成功物語」

定価1,944円→なんと972円!!(50%OFF)

コーヒー市場に革命をもたらしたスターバックス。
同社の特徴は、徹底した社員本位の経営。社員の利益を図ることは、コスト増で利益減となるどころか、経営者が予想もしなかったほどの活性剤になっています。自分の会社が好きになり、会社の方針・目標に共感した社員は、会社発展のために努力するようになる。社員が自尊心と誇りを持てば、さらに家庭や社会への貢献につながる…。
企業が大きく成長するには、利益追求が第一ではなく、正しい価値観と人材を基盤とした経営が必要でることは言うまでもありません。その要は真心。
ハワード・シュルツCEOの自伝のかたちを取りながら、古風ともいえる同社の戦略を詳細に描きます。 

ぼく個人的に、今回購入したラインナップの中で、一番楽しみな本です。

スタバの経営やマーケティングはすごく研究させてもらってまして、この会社は本当にすごい。すでに上場廃止しているので近年の業績は公表されていないんですが、売上は右肩上がりですよね。

あれだけお客様の滞在時間が長く、回転率が悪く見えるのにも関わらず、なぜ売上が落ちないのか。しかも、その上でコーヒーの販売個数も、回転の速いドトールよりも多かったりします。フランチャイズは一店舗もなく、すべて直営店にこだわった運営なのも特徴ですね。

「第三の場所」という企業方針を固めた中で、具体的なオペレーションはどう回しているのか、など。とても参考にしたい企業です。

 

 

持っているけど、今回セール対象になっているおすすめ本!

1.「君がオヤジになる前に」

定価1,296円→なんと232円!!(82%OFF)

自分が38歳になるなんて想像したこともなかった。いや、想像しないようにしていたというのが正確な表現か。世間的に38歳というのは、いわゆる「オヤジ」まっただなかの年齢だ。この本は、そんな世代をこれから迎える人たちへ向けたものである。初めに断っておくが、僕が本書で定義する「オヤジ」とは、年齢的なものではない。あらゆること――家族との向き合い方や仕事への接し方、服装や体型に至るまで――を、よりよき方向へ改善しようとすることを放棄してしまったものたちへの表現だ(前書きより)。迷える「君」に贈るこの時代の知恵とルール。 

堀江貴文さんの一冊。時間の大切さ、オヤジの本当の定義などを堀江さん独特の言い回しで説いていて、とても読みやすい本です。

 

 

2.「HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか」

定価1,944円→なんと972円!!(50%OFF)

シリコンバレーで一番注目されるベンチャーキャピタル(VC)、アンドリーセン・ホロウィッツ。
ブラウザを発明した天才、マーク・アンドリーセンとともに、このVCを共同創業したのが著者のベン・ホロウィッツだ。ベン・ホロウィッツはネットスケープなどを経て、クラウド企業のラウドクラウド社やオプスウェアのCEOを務めた。
起業家時代のホロウィッツには、これでもかというほどの困難(ハード・シングス)が次々と襲った。
ドットコム不況が襲い、顧客が次々に倒産し、資金がショート。打開策を見つけてIPO(新規上場)を目指すも、投資家へのロードショウ中には妻の呼吸が止まる。
上場してもパーティさえ開けないような状況でITバブルが弾け、株価は35セントまで急落。
最大顧客の倒産、売上9割を占める顧客が解約を言い出す、3度にわたって社員レイオフに踏み切らざるを得ない状況に――。
しかし最終的には、困難を切り抜け続けて、1700億円超で会社を売却するという大成功を収めた。
壮絶すぎる実体験を通して、ベン・ホロウィッツが得た教訓とは何なのか?
リーダーへ、そしてゼロから何かを生み出そうともがき苦しむ人へ、著者がシンプルで説得力のあるアドバイスを贈る。 

ビジネス書の超名著として数えられるすばらしい一冊。仕事へ夢中になれている方はめっちゃ刺激をもらえます。全員読むべき!

 

 

3.「人を操る禁断の文章術」

定価1,512円→なんと756円!!(50%OFF)

メンタリストDaiGoの、人を上手に誘導するパフォーマンスを支えているのは、
人間の心理的特性についての膨大な知識量と実践の量である。
本企画では、メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、
読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。
その文章術の軸となるのは、「読み手の見たい現実を見せてあげる」という、
相手の心理を先回りした「想像力を刺激する」書き方のテクニックである。
本書では、解説するテクニックに対して心理学の見地から裏付けの説明を随所に加える。
扱うテーマは、セールス、プレゼン、恋愛、依頼など、書き手の腕が求められるシーンを幅広く網羅。
また、人間の感情をゆさぶる7つ引き金(トリガー)と、今すぐ文章にそのまま応用できるテクニックを紹介。本書を読むことで、書くべき内容とその書き方が一目にわかるようになる。

ブロガーさんはすでに読んだことある人も多いでしょう。

メンタリストDaiGo氏の「書くこと」に特化した一冊。とても分かりやすいです。

 

 

4.「ザ・コーチ」

定価1,404円→なんと411円!!(71%OFF)

あなたの中にある無限の可能性は、目覚める時をずっと待っています──。 ある日突然、未来の自分が変わり出す! 全国の企業や自治体・学校で、延べ3000時間以上にわたり、 多くの人の夢や目標の実現をサポートしてきたコーチングのエキスパートが書き下ろす 感動のコーチング・サクセスストーリー

この本めちゃくちゃおすすめです。

今の自分に悩んでいる方、決断に迷いのある方、やりたいことが分からない方へすごく読んでほしい一冊。ぼくの中で出会ってよかった本のトップ10に入ります。

 

 

5.「ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者」

定価1,944円→なんと972円!!(50%OFF)

時に部下を叱りつけ、ありえない目標を掲げ、けたたましく笑う。そうして小売りの巨人ウォルマート、大手書店のバーンズ&ノーブルなどとの真っ向勝負に立ち向かってきた。ベゾスのビジョンは、「世界一の書店サイト」にはどまらない。「どんなものでも買えるお店(エブリシング・ストア)を作る」という壮大な野望に向けて、冷徹ともいえる方法で突き進んでいく。
■急成長したアマゾンの手法がわかる!
ジェフ・ベゾスとアマゾンの経営手法は独特だ。10年以上先を見据えて、必要とあれば赤字もまったくいとわない。買収したい会社があれば、相手の体力が尽きるまで価格競争を仕掛けて追い込む。投資家から批判されても、巨大な物流システムやクラウド「AWS」、電子書籍「キンドル」などの新規事業には、巨額の投資を続ける。電子書籍の普及に向けて、出版社には言わずに卸値を下回る1冊9ドル99セントで電子書籍を売りまくる。数字と情熱を重要視する合理的で冷徹な手法を解説している。
■ベテラン記者がベゾスの許可を得て記した最高のノンフィクション
著者は、ニューズウィーク誌、ニューヨーク・タイムズ紙、ビジネスウィーク誌でジェフ・ベゾスやアマゾンの記事を書いていたベテラン記者。ジェフ・ベゾス自身はマスコミ嫌いで有名だが、長年の著者の実績から、本書に関しては、ジェフ・ベゾス自身がアマゾン幹部や親族や友人への取材を許可した。著者は本書のために、300回以上も関係者に取材。ベゾス自身が40年以上音信不通だった実の父も探し当てて話を聞いた。 

言わずもがなAmazonの剛腕創業者ジェフ・ベゾス。

Amazonが巨大企業に成長するまでの軌跡などが読めます。ただめちゃくちゃボリューミーです。

 

 

6.「拝金」「成金」

Kindle価格232円!!

「藤田優作、君はどのくらいの金持ちになりたい?」「そうだな、金で買えないものはない、そう言えるくらいかな」「わかった。それでいこう」年収200万円のフリーター・優作はなぞのオッサン・堀井健史と握手を交わした。そこから彼の運命は大きく変わる。携帯ゲーム事業を成功させ、さらにあらゆる金融技術を駆使。瞬く間に会社は売上500億円の大手IT企業に変貌する。人はそれを「ヒルズの奇跡」と呼び、優作は一躍時代の寵児に。快進撃はさらに続くかに思われた―オッサンの無謀なミッションが下るまでは。金とは、勝者とは、絆とは?感動の青春経済小説。 

 

Kindle価格232円!!

「世界に風穴をあけるぞ。僕らがいま生きているのはそのためでしかないんだ」
PCオタク、元カリスマ青年実業家、女子大生……個性的な面々が揃う“チーム・AKKA”。彼らは天才プログラマー・堀井健史のもと、新興IT企業を巧みにまるめ込み、資産の一部を中抜きしていた。最終目標はITベンチャーの雄、株式会社LIGHT通信の乗っ取り。携帯電話の販売代理店事業を全国展開し、創業10年あまりで時価総額5兆円の大企業へと登りつめた、ITバブルの象徴的存在だ。史上最大の下克上。チームAKKAは勝利を手にできるか。前作『拝金』から遡り、物語の舞台は1999年、渋谷へ。IT勃興期を駆け抜けた男たちの野心を圧倒的リアリティで描く、まばゆくも壮絶な青春経済小説! 

堀江貴文さんが、ライブドア社長時代の自らの状況を小説として書き下ろした作品です。 快進撃、大成功、大金持ちになってから、逮捕されるまでのストーリーと、ライブドア社長時代の「遊び方」がかなり赤裸々に描かれています。

この内容だけでも、経営者になりたい!こんなスピード感のある毎日を送りたい!と思える人が出てくるんじゃないかなぁ~。

 

 

ビジネス本のセール祭り!

今回のセールはビジネス本のオンパレードでした。しかもかなり豪華な作品です。

9月25日までらしいので、積読たまってしまっている方も、買っておいて損はないのではないかな、と思います。本は一度買えば無くなりませんからね…。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

Kindle本50%OFFセールの全作品はこちらからチェックできます。

Kindle本50%OFFセール 全6,534作品!