読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が自由を証明しようと思う

ブログ『僕が自由を証明しようと思う』運営。 仕事漬けの20代を過ごし、得た経験・価値観・楽しさを中心に書きます。 雑記系(仕事論/マーケティング/時事ネタ/心理学/チャラいネタ)です。 ご連絡・問い合わせはFacebook、Twitterから。またはメール(w.sato0417@gmail.com)までお願いいたします。

【最大58%OFF】Kindle月替わりセール!購入したおすすめ本と割引率を紹介します!【2016年7月】

【スポンサーリンク】

f:id:w-sato0417:20160707140906j:plain

Kindleユーザーであれば、毎月必ずチェックしているのが「月替わりセール」ですよね!

ぼくも毎月必ず月替わりセールの対象はすべて目を通しています。

 

今月はかなりの良書が揃っていて、たった今ぼくもまとめ書いをしたので、ブログへの記録を兼ねてご紹介したいと思います!

いろいろなジャンルの勉強したい方は要チェックなラインナップとなっていました。

 

【7月】Kindle月替わりセールで購入した本を一挙紹介!

外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話

定価1,490円→なんと894円!!(40%OFF)

これから、自力で稼いでいこうという志のある方や、そういう力を身につけたいと漠然と考えている方は、金融の知識があるのとないのとでは全然違ってきます。

本書は、現役の外資系金融マンである著者が、「自分の子供に教えておきたいお金の話」をまとめた書籍です。景気の不安定さもあり、「コツコツ貯金をすることが最も堅実」という昔ながらの考え方は、もはや通用しなくなっています。それよりも、幼いうちから「お金(=金融)」についてしっかり理解させ、「自分の資産をどう守るか」という思考を身に付けさせなくてはなりません。実際欧米では、日本と違い、「金融教育」が学校でも盛んに行なわれています。本書では、「お金とは何か」「投資とは何か」ということについて、著者が「自分なら子供にこういう内容を教えたい」という視点から、丁寧に解説しています。「子供にお金で苦労させたくない」というすべての親に、ぜひ手に取っていただきたい書籍です。 

これから投資の勉強したい!とか、金融の知識をつけたい!という方にはめちゃくちゃおすすめの一冊です。

子供にモノを教えるときって、教える側も目線を下げて、ものすごく噛み砕いて教えると思うんですよ。この本は、そういったイメージで解説をしてくれているので、誰でもわかりやすく参考にすることができます。

  • 資本主義には大きく2つのお金の増やす方法があるのを知らない
  • GDPって聞いたことあるけど、説明しろ!って言われたら無理

これに当てはまる方には推薦したい良書です。

 

 

論点思考

定価1,728円→なんと829円!!(52%OFF)

ぼく個人的に、こういったフレームワークを学べる本は好物ですね。

企業・職場には問題が山積みされている。全ての問題を解決していくわけにはいかない。真の問題を見つけ、それに集中するための技術を解説。ロングセラー『仮説思考』の姉妹版。 

やっぱり、物事の本質をすばやくつける人とその能力は、これからの時代必要不可欠。

同時にぼくは"考える必要のないこと"を自分の中から切り捨てる能力が必須であると感じています。そんなフレームワークを勉強できる一冊です。

 

 

1分間モチベーション

定価1,404円→なんと583円!!(58%OFF)

値引きがすごい!この本は、仕事に対するマインドを考え直すにはすごくおすすめしたい本です。この値段で買えるのは最高に得だと思いますよ。

社員が仕事を楽しむ会社は業績がいい!

「明日、会社に行きたくない」 たいていのビジネスマンは、誰でも一度はこういう思いを抱いたことがあるだろう。 もしかしたら現在もそうだし、今後もそれは変わらないと思っているかもしれない。 また部下をもつ人は「誰だって嫌だけど我慢して働いている」「やりたい仕事に就ける人なんてほとんどいない」などと自分や部下を慰めたりしているかもしれない。 そうやって「世の中は理不尽なもの」「自分の力ではどうにもならない」と諦め、慣習におとなしく従って働き、働かせ続けるのは簡単だ。だが果たしてそれが業績につながるだろうか。そこで働く人間は幸せだろうか。本書は管理職のための『1分間』シリーズのひとつで、組織モチベーションアップに焦点をあてている。一人一人がやる気と責任を自覚しながら働ける仕事場作りの秘訣をぜひ学んでほしい。 

この本は、ある赤字工場が奇跡の再建をした物語をベースに、モチベーションアップのノウハウや、組織として"個人を生かす重要性"を再確認できる良書です。

やっぱり仕事は「やりがい」を持ってやりたいですよね!そんな一冊。

 

 

起業1年目の教科書

定価1,512円→なんと756円!!(50%OFF)

ぼくは起業思考が強いので、起業ノウハウ本は何冊読んでも損はしません。

で、この本は中でも「教科書」と謳ってるだけあって、かなり小さなステップひとつひとつを細かく書かれている本だと思います。

成功している人は大きな目標に到達するための細かな階段を作っています。 最初の一歩目はとても小さいのです。段差がほとんどありません。 大きく投資しなくても、スキルがなくても人脈がなくても、一回で成功しなくても、 今できる小さな一歩を気軽に登ります。そして、無理せず一歩ずつ登って行き、 最後には目標を達成するわけです。 これは慣れれば誰でもできることです。 画期的なアイデア、夢・ビジョン、ビジネスモデル、お金、すべてなくても大丈夫! 本書を読めば、不安や恐怖が消える。 

経営やマーケティングの知識に長けている人には、すでに知っていることが多い内容ですね。

これから頑張るぞ!っていう人にはおすすめです。

 

 

ブランディングの基本 この1冊ですべてわかる

定価1,728円→なんと778円!!(55%OFF)

ブランディングは何も"商品"だけに言えることではないですよね。

ブログだって、セルフブランディングが必要ですし、ブランディングについては知識として入れておいて損はないと思います。

企業は、よりよい商品やサービスを提供しようと努力します。しかし、その売上を左右するのは、商品やサービスの質だけではありません。イメージも大きな影響を与えます。そのイメージが「ブランド」です。ブランドは、顧客(消費者)の頭の中にあるものです。そこで企業は、商品・サービスが顧客から支持されるよう、ブランド・イメージを高める「ブランディング」を行なわなければなりません。従来、ブランディング活動としては、テレビや雑誌などマスメディアへの広告が重要でした。ところが、会社も顧客も情報の受発信が容易にできるネット社会になり、新しいブランディングが求められています。そこで本書では、ブランドの意味、マーケティングやプロモーションとの違いなどの基本から、SNSの効果、ブランド・ストーリーのつくり方、顧客との絆の築き方、ブランディング業務の進め方などまでを解説。実例も豊富なので、広報・PR担当者、コンサルタントの実務にも役立つ実用書として、幅広くおすすめできる一冊です。 

ブランディングについてしっかり書かれている書籍は少ないので、セール対象のうちが買いだと思ってポチッとしました。

 

 

抱けるナンパ術 ──出会いからベッドへいたるアルファ男の心得

定価1,404円→なんと583円!!(58%OFF)

これは、アレです!ネタです!!

ナンパなんてしないですよ?しないけど、なんかほらっ。ちょっと興味が…やっぱり得るものあるかもしれないし。向上心と探究心!!

ナンパ道は険しく、期待はずれの結果に終わることが少なくない。それでも挑戦する価値はあるのだろうか。 価値は、ある。それだけは間違いない。正解はひとつでないことを覚えておいてほしい。 本書では、ほぼすべての男が使えて、アレンジ可能な戦術を紹介していく。どの戦術も効果は実証ずみだが、そこに何をプラスするかは自分次第。好みの味つけで、自分にピッタリの戦術になるようにアレンジしてほしい。 現在のレベルや過去の失敗にとらわれず、ここからが新しいスタートだと思ってほしい。 

まぁ、ちょっと空いた時間の道楽用に…ね。仮につまらなくてもセールで583円なので痛くないし。

恋愛というか、こっち系もインプットしたい自分もいつつ、そんな軽い気持ちでポチりましたとさ…w

 

 

最後に…!

いかがでしたでしょうか。

7月は良い電子書籍が多いなぁと感じました!

 

やっぱり、電子書籍は腐るものでも劣化するものでもないので、少しでも気になれば安いときに買っておくのがベターだと思います。

積ん読が溜まりすぎている人は、考える必要はありますが、一度買っておいて読みたいときに読めばいいですからね。

ほんとKindleは良いセールが多くて感謝感謝です。

 

7月の月替わりセールの全タイトルを確認したい方はこちら。

→『月替わりセール7月全タイトル一覧