読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が自由を証明しようと思う

ブログ『僕が自由を証明しようと思う』運営。 仕事漬けの20代を過ごし、得た経験・価値観・楽しさを中心に書きます。 雑記系(仕事論/マーケティング/時事ネタ/心理学/チャラいネタ)です。 ご連絡・問い合わせはFacebook、Twitterから。またはメール(w.sato0417@gmail.com)までお願いいたします。

『出会い』もその人の持つ「才能」のひとつだと思うんだ

■生き方

【スポンサーリンク】

f:id:w-sato0417:20160505183856j:plain

出会いは偶然の積み重ねだよ

社会人になって、様々な年齢の人と接するようになってから 強く感じるようになったこと。

自分の場合は、

偶然、公立高校の受験に落ちて市立高校に行ったからこそ今の友達がいるし、

偶然、他の大学の学部が落ちて通った学部だからこそ今の友達がいるし、

偶然、その大学の友達に誘われてなければ今の会社にも入ってないし。

そう考えると今の自分があるのは偶然の積み重ねでしかないんです。 会社のスタッフ達もそう。 数多くある企業から、そこを選ぶまでの過程には、たっくさんの偶然の積み重ねのストーリーがあるはず。 だから確率に表すとめっちゃ低い確率なんです。

「縁」を感じずにはいられないよね。 スタッフへの愛着はこういう考えから生まれてるのかも。

 

徳島県で過ごした2年間

2012年から2014年まで徳島県に新子会社設立のために支社長として赴任させてもらった。

正直、行く前までは「徳島って四国でも一番マイナーな県じゃんw」みたいな感じだし、ぶっちゃけ旅行でもまずチョイスしないでしょ!っていう場所じゃないですか。(失礼すぎますかね…)

だから普通に人生を過ごしていると絶対に出会うはずのない人たちとぼくは一緒に仕事をしているんだ。

とすごく不思議な感覚に陥ることが多かったんですよね。

そんな絶対に出会うはずのない人たちと出会うことができた2年間で、今でもぼくの中のすばらしい財産になっています。

これも偶然の積み重ねですよね。

偶然、徳島県という場所を選択し、

偶然、ぼくが支社長に赴任することになり、

偶然、地元の人たちが求人でこの仕事を選んでくれて…

確率で表すとものすごく低い確率の中で出会ってるんだなぁって思います。

 

出会いにも色々ある

何か長けているモノを持っている人はやっぱり輝いてますよね。

趣味は?と聞かれ即答できる人。

特技は?と聞かれ即答できる人。

また、絶対無理じゃん!と思うような夢を恥ずかし気もなく本気で語れる人であったり。そういう人って惹かれますよね。

  • 何か打ち込める物事との出会い
  • 才能を開花させられる転職との出会い

これも立派な『出会い』ですよね。

ぼくは、まだ始めたばかりですが、ブログに打ち込められそうです。

まだ片足が浸かった程度の浅い関わりですが、ブログと出会って、ブログきっかけで同じことに打ち込む仲間や友達が増えたら最高ですね!

 

最後に…

自分が尊敬する鈴木雅之さんの言葉。

自分のやりたい職業の神様は必ずいるから。俺は18才のときに音楽ともう一度めぐり会えたけど、その神様からのメッセージをキャッチできる瞬間は必ずあるから。 見逃さないでほしいね。 それによって人生は本当に変わるよ。 人それぞれ人生はあるけど、主役になれる瞬間っていうのは必ずあるから。

だってさ。

何才になってもかっこいいですね、鈴木雅之さん。

 

いろいろな種類の『出会い』をキャッチできる才能。

ターニングポイントを見逃さない才能。

 

とても大切だな、って思えた話でした。