読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が自由を証明しようと思う

ブログ『僕が自由を証明しようと思う』運営。 仕事漬けの20代を過ごし、得た経験・価値観・楽しさを中心に書きます。 雑記系(仕事論/マーケティング/時事ネタ/心理学/チャラいネタ)です。 ご連絡・問い合わせはFacebook、Twitterから。またはメール(w.sato0417@gmail.com)までお願いいたします。

【50%OFF以上】Kindleが4,353冊を対象にセールを実施!名著を見逃すな!

■本

f:id:w-sato0417:20170205123232j:plain

どうも、Kindleの積読が80冊くらい溜まっているぼくです。

そんな中、Kindleがまたもや大規模なセールを実施していました。覗いてみたら良い本が目白押しで、さらに積読を溜めてしまいましたよ…と。

今回のラインナップは、歴史書だったり経済書などが多くて、知的欲求が高い勉強好きな人にはたまらないセールになっているんじゃないかと思います。

積読が溜まってる人でも、半額中で買っておいて損はないですよ。そんなわけで、ぼくが購入した、もしくは既読本を中心にピックアップしていきます。

続きを読む

エスニック料理なら、リゾート気分も味わえる「バリラックス新宿」が圧倒的にオススメ!

■グルメ

 f:id:w-sato0417:20170204114400j:plain

辛い料理が好きな人や海外ビール好きは必見!

エスニック料理屋さんは、東京都内に数多く存在しますが、その中でも、味と雰囲気をいっぺんに楽しめる「バリラックス新宿」はとてもオススメです。

たまに、辛い料理が食べたくなるときに利用させてもらっているお店です。

続きを読む

韓流女性グループ『BLACK PINK』って知ってる?レベル高すぎてやばいです。

■音楽

f:id:w-sato0417:20170131221656j:plain

久々に、音楽の実力にしびれた女性グループを見つけた。

ボーカル・ラップ・ダンス、そして音楽性。どれを取っても超一流。

なぜ韓国はこんなにも実力派グループが出てくるんだろうって思う。

 

今回紹介する「BLACK PINK」は、2016年にBIGBANGも所属するYGエンターテイメントから、デビューした女性4人組のグループだ。

まずは、詳しい説明をする前に、衝撃のデビュー曲『BOOMBAYAH』を聴いてみてほしい。この一曲で彼女たちの実力の程が分かると思う。

続きを読む

クレジットカード情報が漏洩してしばらく迷惑した話

■面白ネタ

f:id:w-sato0417:20170129125753g:plain

タイトルの通りなんですけど、ぼくのクレジットカード情報が漏洩して、しばらくクレジットカードが使えない生活を送っていました。

いやぁ、今のご時世、クレジットが使えないと不便でしょうがないですよ。

おかげでとても迷惑を被り、色々と支障が出ました。

 

たぶん、みなさん普通に使ってる分にはクレジット情報なんて漏れないって思ってるでしょ?ぼくも思ってました。

でもね、漏れますよ…証拠はぼくですw

この記事では、せっかくなので漏洩に気づいてからと不正利用の対処についてを記事にしたいと思います。

続きを読む

電通社員の自殺報道から考えた、部下を「うつ」にしてしまった僕の重い過去

■政治/経済/社会

f:id:w-sato0417:20161009124444j:plain

電通社員の過労によるとされる自殺のニュース。

たくさんの著名人、ブロガーさんが言及されていますが、中でも個人的に一番ぼくと考えが近かったのは、Shinさんの『電通社員を自殺にまで追い込んだ真の要因は、「過労」それ自体ではない』という記事でした。

多くのメディアが長時間労働による「過労」に原因を置いている中で、Shinさんの記事は本質はそこじゃない、としています。ざっくり言うと。

ぼくはこの意見に大賛成で、電通および、その他の世論がこの一件を【長時間労働】とか【ブラック企業】へばかりに注視すればするほど、抜本的な改善からは離れてしまうと感じています。

続きを読む

医療業界の闇を暴露した著書「医者に殺されない47の心得」が衝撃すぎた

■政治/経済/社会 ■本

f:id:w-sato0417:20160919133700p:plain

この本、ちょっと衝撃でした。

医療系の見識・知識も広げていきたいと思って買ったはいいものの、やはり他のおもしろそうなビジネス書を優先して読んでしまって、長い間積んでありました。

ところが、いざ読み始めると、ど直球で「医者」「薬」を批判している本書。

かく言うぼくも、医者のビジネスモデルは半分くらい悪徳商法だと思っているクチです。いちビジネスとしてはかなりブラックなので、 よほどのことがないと病院には行きません。

そんな持論があったために、この一冊「医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法」は、とても興味深いテーマでした。

続きを読む

歴史的大逆転!日本ハムファイターズ優勝までの軌跡。

■スポーツ

f:id:w-sato0417:20160929144751j:plain

2016年9月28日。栗山監督が8回宙を舞った。

パ・リーグのペナントレースも残3試合というところまで優勝はもつれた。近年まれに見ぬ大接戦の優勝争い。圧倒的な戦力を誇る絶対王者ソフトバンクと、果敢に挑み逆転優勝を目前にしていた日本ハムファイターズ一騎打ちの勝負が、ついに決した。

6月24日時点、首位を快走していた王者ソフトバンクとは、11.5ゲームという絶望的な差が生まれていた。

続きを読む

いつだって「働きたい人」にスポットライトを当てていられるから、経営は楽しい。

■働き方

f:id:w-sato0417:20160927171403p:plain

最近、起業は手段にしちゃいけない!とかいろいろ賑わってたので、ぼくも「なんで経営者になりたかったんだっけ…?」と、ちょっと考えてみました。

ぼくもね、特段【やりたいこと】があった訳じゃないんですよ。【経営者になりたい】が先に来ていたクチだったんですね。過去に当時勤めていたグループの子会社を完全にゼロから独りで立ち上げるという経営の疑似体験をしていたことも大きいかもしれません。

で、ぼくなりに考えた末に一番自分自身に落ちた答えが『いつだって「働きたい人」にスポットライトを当てていられるから、経営は楽しい。』でした。

これ、かなりぼくの経営者にこだわる本質だと思えたので、言語化したくなり記事にしました。

続きを読む

【神セール】Kindleが50%OFFの大規模セールを実施中、最高のビジネス書が対象に!

■本

f:id:w-sato0417:20160921130808p:plain

Kindleがまたもや大規模セールを行っていました。今日知った…。

今回は、対象がなんと6,534冊もあります。しかもラインナップがかなり良いビジネス書が盛り込まれていました。もう爆買いしちゃいました。

このセールで、ぼくが購入した本と、すでに持っている中でおすすめしたい本をご紹介したいと思います!

いやぁ~、今回はビジネスやってる方はチェックしておいた方がいいですよ。それくらい豪華です。

続きを読む

学歴も取り柄もない僕が、20代で経営陣の一角まで出世できたひとつの要因。

■働き方

f:id:w-sato0417:20160917212504j:plain

学生時代の友達ってあまりいないんですけど、東京で唯一と言える学生時代から仲良くしている女友達がいる。(不思議なくらい、ほんとにただの友達)

その友達から、よく「今のワタルって大学時代では想像できなかったね」と言われるのだが、俺もそれは心の底から同意だ。まさか、こんなに自分が仕事人間になるなんて予想もしていなかった。

学生のころは、とにかく適当で、人当たりも悪かった記憶しかない。なんかクールぶってた、というか。愛想はとにかく悪かった。

そんな何の自慢も取り柄もなかった俺が、26歳にしてベンチャー企業の全グループ間で行う経営会議に出席するまでになり、28歳にして支社長になるなど、正直かなり控えめに言っても、異例の出世スピードで充実した20代の社会人生活を送れるまでになった。

そして、現在は経営に舵を切っているわけだが、そんな中ふと振り返ってみた。

続きを読む

実話をもとにした感動のおすすめ映画10選!

■映画

 

f:id:w-sato0417:20160916192334p:plain

ノンフィクション映画が大好きです。

「実話」っていうだけで、感動が大きくなりますよね。かなり実話モノの映画は観ているほうだと思うので、有名どころから、知る人ぞ知る作品までオススメを厳選してみました。

そしてなにより、実話モノは感情移入しやすくなり、映画にどっぷり浸かってしまう単純なぼくですが、そんなぼくが「泣きたいときはコレを観ろ!」っていう選りすぐりの映画をピックアップしてみました。

続きを読む

自分の弱い部分をさらけ出せる「強い人」にとても憧れる、尊敬する。

■生き方

 

f:id:w-sato0417:20160913181437p:plain

なんて言うか、突然ちょっと弱音トークを吐きたくなりました。

弱ってんのかな…。よく分からんけど、、まぁそんな気分のときもあります。

 

ぼくは基本めちゃくちゃポジティブです。目の前の物事や、大切に感じる従業員や周囲の人を幸せにするという責任と自信もあります。

ただね、これらの前向きさや、自信を持つことって「そう思い込んでないと潰れそうになる自分」がいるだけでもあるんだよね。

なんていうか、言語化がすごく難しいけど。分かる人には分かるはず。

ある種、不器用すぎて、重圧や恐怖・不安を自分の中でかき消す方法、消化する方法が【前向きでシャンとした自分を装う】ことでしか、表現できないんだよね。

 

なんでだろう、と考えてみた。

それは、重圧や恐怖と向き合うのが怖いのかもしれない。前向きな自分、根拠のない自信を持った自分を演じることで、周りは安心して明るい雰囲気になり、そんな明るい雰囲気に乗じて自分への安心につなげていたのかもしれない。

続きを読む

"男の浮気は仕方ない、でも女の浮気は絶対ダメ"という理不尽の裏にある真意

■恋愛/ナンパ

f:id:w-sato0417:20160911212719j:plain

よく、飲み会の席とかでこんな話題になりません?

男性「なんで別れたの?」

女性「ん?浮気されたからもう無理ってなった。」

男性「えー!1回の浮気でもうダメってなったの?」

女性「うん」

男性「いやぁ、それは厳しい。だって男って浮気するよ。」

女性「だけど無理だもん。じゃあこっちだって浮気しても許せる?」

男性「女の子の浮気はダメ。」

 

みたいなww

かなり雑な会話の例文ですが、こんな感じの会話ありますよね。

続きを読む

もしもこの世に自分が生まれていなかったら…って考えたことありますか?

■生き方 ■映画

f:id:w-sato0417:20160907152912p:plain

いきなりきもい質問ですけど、「もし、この世に自分が存在していなかったら。」って考えたことありますか?

 

というのも、ぼくの大好きな映画で『素晴らしき哉、人生!』という作品があるのですが、久しぶりにこの映画を観て、すごく考えさせられました。

この映画は、主人公に数々の悲劇が襲い掛かり、投げやりになった彼はこう叫びます。

 

「いっそ俺なんて生まれて来なければよかったんだ。」

 

その瞬間、彼の存在していなかった場合の世界に変わり、もしも主人公の彼が存在していなかったら、関わっていた周りの人々の現実がまったく別の運命になっているんだよ、ということを教えてくれる映画なんですよね。これがとても深いんです。

続きを読む

自信に根拠なんていらない、必要なのはちょっとの覚悟だけ。

■生き方 ■本

f:id:w-sato0417:20160903172751g:plain

 

堀江貴文さんの著書「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」の中で、ぼくがとても共感した一文があります。

ひとりだけ確実にあなたのことを信用してくれる相手がいる。 「自分」だ。 そして自分に寄せる強固な信用のことを、「自信」という。

堀江さんの考えや発信って、すごく尖ってるけどいちいち核心をついているなぁって。 

そう、自信に理由や根拠はいらない。

 

なんか謙虚ぶって、「俺、自分に自信ない」って言う人いますよね。

ぼくはそのたびに「うそつけ!」って思うんですよ。この『自信ない発言』の意図は、本心で思っているのではなく、『もしうまくいかなかった場合の保険をかけている』だけの場合が多いんです。

続きを読む